ウクレレのバリとは?簡単にできる対策を解説!

ウクレレのバリ ウクレレの悩み・疑問!

ウクレレでフレットのバリって聞いたことはありませんか?

バリとは、指板の端からフレットが飛び出てしまう状態です。

このままウクレレを弾くと指をケガしてしまいます。

ウクレレを弾く時はネックに触れますよね。

すると親指の第一関節の辺りや、人差し指の付け根など。

フレットのバリが刺さってしまいとても危険です。

ですので早めに対策をしなければいけません。

そこで、今回は・・・

バリの原因と対策!

これらについて解説しています。

フレットを触ってみてチクチクするようならバリの症状がでています。

そのまま放置しないでしっかりと対策をしましょう。

ウクレレの練習で指が痛い!初心者によくありがちな原因と対策!
ウクレレを練習していて指が痛いとお悩みの方へ!こちらでは指が痛くなる原因と対策についてお伝えしています。また、爪は伸ばすべきか?それとも切った方がいいのかについても解説していますので、ウクレレで指が痛くなる人はぜひ参考にしてみてください。

バリの原因って何があるの?

フレットのバリ

一体、何が原因なのか?

これは、主に2つの原因があります。

原因1:木材の乾燥

フレットのバリはネックに問題があると思ってください。

ウクレレやギターなどのネックの素材は木材です。

木ですので乾燥すればするほど縮みますよね。

しかし、フレットは鉄なので縮むことはありません。

極端な話、乾燥が進めば進むほどフレットが飛び出てしまいます。

安価で購入できるウクレレは、その傾向があるようですね。

特に気をつけることとしては湿度の管理です。

部屋の湿度が20%を切ったら注意しなければいけません。

理想の湿度は40~50%程度。

これは人間が快適に過ごせる湿度でもあります。

もし、湿度の低い場所にウクレレを保管している場合は気をつけてください。

原因2:最初からバリになっている場合も?

最初からバリの状態になっているウクレレもあります。

例えば、極端に安いウクレレには気を付けなければいけません。

今では、ネットで購入される方は多いですよね。

しかし、画像だけではバリになっているかどうか判断できません。

なので、理想は楽器店に行って試奏してチェックすることです。

ちなみに中古でウクレレを購入する場合も注意が必要になります。

リサイクルショップによっては、楽器がしっかり管理されていないお店もあります。

特に初心者の方は、ウクレレの状態がわからないものです。

ネックを握り、ヘッド側からボディ側にスライドさせてチクチクしないかどうか?

ウクレレを購入する場合はここを確認してみてください。

手汗でウクレレがベトベトになる場合の対策について!

フレットのバリはどう対策すればいい?

自分のウクレレにバリが出てしまった・・・。

そんな場合は、どんな対策をすればいいのか?

方法としては・・・

  • 楽器屋さんか友人に相談する
  • 自力で直す

この2つがあります。

楽器屋さんか友人に相談する

友人にウクレレかギターに詳しい人がいるならその人に相談しましょう。

アドバイスをもらうのもいいですし、もしかしたら直してもらえるかもしれません。

もし、ダメなら楽器屋さんでメンテナンスしてもらいましょう。

その方が確実です。

自分で直す

自分でバリを直すこともできます。

器用な人は、その方が早いです。

用意するものは・・・

マスキングテープ
三角ヤスリ

この2つです。

いずれも100円ショップで購入できます。

バリの直し方は・・・

先ず、ネックや指板、ボディーに傷がつかないようにマスキングテープを貼る。

フレットの部分だけを露出させる感じです。

あとは三角ヤスリでバリの部分を削っていきます。

ある程度、削ったらネックを握り、違和感がないか確認しましょう。

地味な作業ですが、フレットのバリは自分でも直すことができるのでぜひチャレンジしてみてください。

・・・・

ちなみに・・・

高価なウクレレだから自分ではやりたくない

不器用だからできない

こんな人もいますよね。

そんな場合は、無理せず楽器屋さんに相談しましょう。

お金はかかりますが、その方が安全で安心です。

せっかく購入した大事なウクレレですのでしっかりと手入れやメンテナンスをしてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました