ウクレレの種類と選び方!初心者はメーカーで選ぶ?大きさで選ぶ?

ウクレレの種類や選び方について解説 ウクレレの知識

ウクレレの選び方ってみんなどのように考えているのか?

初心者で拘りがないなら低価格のウクレレでいいと思います。

ですが、中には拘っている人もいるかもしれません。

メーカーだったり、ウクレレの大きさで迷う人もいますからね。

多少、高額でも良い楽器が欲しいなんて人いるでしょう。

そこで、今回は、ウクレレの種類や選び方について詳しくお伝えしていきます。

ウクレレ最初の一本は?購入するなら人気の初心者セットがおすすめ!
初めてウクレレをやるなら最初の一本は、初心者セットを購入すると便利です。セットで購入すれば、ウクレレはもちろんのこと、他にもチューナーやコード表、教材や楽譜なども一緒に揃っているので後から購入しなくてもいいので便利です。

【大きさで選ぶ】ウクレレの種類と選び方

先ずは、大きさについて解説します。

ウクレレには、大きく分けると4種類のサイズがあります。

小さい物から順に・・・

  • ソプラノ
  • コンサート
  • テナー
  • バリトン

この4つです。

ソプラノ

ウクレレで一番イメージしやすいのがソプラノです。

音的にはポロンポロンとかコロコロと表現する人もいます。

ソプラノは約55㎝と小さく、フレットの幅も狭くなります。

なので、指が小さい女性や子供には丁度良いサイズです。

もちろん、男性でも弾けないわけではありません。

コンサート

次に大きいのがコンサートサイズです。

こちらは全長が60㎝ぐらいでソプラノよりも少し大きくなります。

音的にはコロコロとした音色でありながら張りのある音色です。

ソプラノよりもネックが長くてフレットの幅も少し広くなります。

教則本などでは、コンサートを勧めている傾向が強いです。

なぜなら慣れくるとソプラノでは小さすぎるため。

どうしても高いフレットが弾きにくくなってしまうんですね。

なので最初からコンサートを選んだ方が良いと言われています。

テナー

次に大きいのがテナーです。

全長が70㎝となりソプラノよりもぐっと大きくなります。

音的には低音から高音までよく音がでます。

サウンドホールも大きくなるので音も大きいです。

また、音の伸びも良く音程も安定するのも特徴となっています。

ギターを弾いたことがある方は、このサイズは丁度良いでしょう。

バリトン

次に大きいのがこのバリトンです。

全長が約80㎝ほどあります。

上記で紹介したものとは違いもあります。

それはチューニングです。

バリトンは、1弦E、2弦B、3弦G、4弦Dとなります。

これってギターの1弦~4弦と同じチューニングになるんですね。

なので、ギターを弾く方は5弦6弦がない思えば違和感なくすぐに弾けると思います。

バリトンに関しては、ウクレレと別物と考えた方がいいでしょう。

ウクレレ初心者!基本の3コードの押さえ方と弾ける曲を解説!

【メーカーで選ぶ】ウクレレの種類と選び方

ウクレレが好きな人はメーカーで選ぶ人もいると思います。

有名なものには・・・

  • Kamaka (カマカ ) ハワイ製
  • KoAloha (コアロハ) ハワイ製
  • Famous (フェイマス) 日本製
  • Cotone(コトネ) 日本製
  • Hanalei (ハナレイ) 中国製

などがあります。

この中でも一番有名なのがKamaka (カマカ )です。

カマカは、老舗中の老舗で100年以上の歴史があります。

有名なジェイク・シマブクロさんも愛用されていますね。

ハワイのウクレレといえば「カマカ」と言えるくらいの人気ブランドです。

その分、金額も高額です。

高いものでは40万以上するウクレレもあるから驚きです。

一方、価格帯が安いのは、Hanalei (ハナレイ)です。

中国製と言う事もあり、1万円前後でウクレレが購入できます。

もちろん、中国製だから使えないということはありません。

コスパが良い楽器とも言えるでしょう。

安価なウクレレのメーカーとしては他にも・・・

PLAYTECH(プレイテック)
Ibanez(アイバニーズ)
ELVIS (エルビス)
Enya(エンヤ)

など色々あります。

特にこだわりがないなら、これらメーカーから選ぶのもいいです。

ウクレレの保管について!弦は緩める?

【木材で選ぶ】ウクレレの種類と選び方

ウクレレの材質によっては音に違いがでてきます。

初心者の方は、少し分かり難いかもしれません。

ウクレレの木材ですが・・・

コアウッドマホガニーなどが定番です。

コアウッド

コアウッドの特徴としては歯切れがよくて軽快なサウンドです。

多くの方がイメージするウクレレの音はコアウッドだと思います。

見た目も木目が鮮やかなので綺麗なウクレレとなります。

ハワイでは家具等にも使用されているんですね。

ただ、今は規制があるので稀少な木材となっているようです。

マホガニー

マホガニーはよく使わる木材です。

音的には、柔らかくて伸びのあるサウンドとなります。

ウクレレだけでなくギターでも多く使用される木材です。

コスパがいいので低価格でハイスペックなウクレレが欲しい人にもオススメです。

その他にも・・・

マンゴー、スプルース、オヴァンコールなど。

ウクレレに使われる木材によっても音や見た目は違ってきます。

ウクレレと一緒に揃えておきたいグッズやメンテナス道具
こちらでは、ウクレレと一緒に揃えておきたいグッズや道具を紹介しています。ウクレレセットを購入するとチューナー等、色々付属で付いてきます。しかし、それだけでは不十分です。メンテナンス道具なども紹介していますので、このページを参考に必要な物は揃えるようにしましょう。

【プロ奏者と同じ物】ウクレレの種類と選び方

ウクレレの選び方としては、プロの奏者と同じ物を選ぶ方法もあります。

但し、初心者の人にはあまりオススメできません。

なぜなら、プロが使うウクレレは高額だから!

当然ですが、プロはそれなりに拘りがあります。

プロは低価格のウクレレをあまり使いません。

もし、あなたが初心者なら高額な楽器でなくても大丈夫です。

先ずは、安いウクレレをガンガン弾いて腕を上げましょう。

これから始める人は、低価格帯のウクレレを検討してみてください。

ウクレレ最初の一本は?購入するなら人気の初心者セットがおすすめ!
初めてウクレレをやるなら最初の一本は、初心者セットを購入すると便利です。セットで購入すれば、ウクレレはもちろんのこと、他にもチューナーやコード表、教材や楽譜なども一緒に揃っているので後から購入しなくてもいいので便利です。

 

タイトルとURLをコピーしました