ウクレレ チューニングの仕方!音が合わない?すぐずれる時は?

ウクレレのチューニング画像 ウクレレの知識

ウクレレ初心者の悩みで多いのがチューニングの合わせ方です。

音がなかなか合わない・・・

音がすぐずれる・・・

これら問題は今すぐにでも解決したいでしょう。

チューニングが合わなければ演奏しても気持ち悪いですからね。

それに音が狂った状態で練習していては上達しません。

そこで、今回は・・・

ウクレレのチューニング

こちらをテーマにお伝えしていきます。

ウクレレをプレーする上でチューニングは絶対に必要です。

この記事を参考に「音が合わない」「すぐずれる」と言った悩みを解決してください。

ウクレレ・チューニングの仕方について

そもそもですが、ウクレレのチューニングには2種類あります。

「High-G」と「Low-G」です。

一般的には、High-Gのチューニングを行います。

Low-Gは、専用の4弦(太い弦)を張り、1オクターブ低くチューニングするやり方で少し特殊です。

初心者用の教則本などでは、High-Gのチューニングで解説しています。

ここでは、「Low-G」というチューニングもあるということだけ覚えておいてください。

では、早速チューニングですが・・・

1弦は、「ラ」 2弦は「ミ」 3弦は「ド」、4弦は「ソ」

このような音程で音を合わせていきます。

音合わせるためには何かしらの道具が必要です。

それがチューナーとなります。

チューナーには・・・

  • クリップチューナー
  • マイク内蔵型チューナー
  • 音叉
  • 無料アプリのチューナー

これらの道具からチューニングをすることになります。

クリップチューナー


ウクレレセットを購入すると大抵はこのタイプのチューナーが付いています。

ウクレレのヘッドにクリップするだけなので手軽なんですね。

特にこだわりがなければクリップチューナーで問題ありません。

練習後もそのままクリップを付けていてもいいので本当に便利です。

使い方も簡単です。

ウクレレの音を出しながらクリップチューナーを見て合わせればOKです。

1本ずつ確実に音を合わせていきましょう。

マイク内蔵型チューナー


カードタイプのマイク内蔵型チューナーというのもあります。

マイク内蔵型チューナーは、クリップチューナーよりも大きくチューナー画面も見やすいと言うメリットがあります。

ただ、チューニングをする際ですが、周りの音を拾いやすいのでウクレレとチューナーを近づけなければいけません。

こちらもチューニングメーターを見ながら1本ずつ音を合わせればいいので簡単です。

また、メトロノームの機能が付いているチューナーもあるので練習の時に役に立ちます。

音叉


音叉と言ってU字の形をした鉄の棒があります。

通常、音叉では440HzのA(ラ)の音になるのでウクレレでは1弦の音と合わせます。

音叉で音を出す時は軽く膝に叩いてから音叉をウクレレのボディーに当てます。

するとピーンと音が鳴るので、それを元に1弦を合わせていきます。

ただ、この方法は難しいの初心者の方にはお勧めできません。

クリップチューナーかマイク内蔵型チューナーで確実に音を合わせるようにしましょう。

ある程度、ウクレレに慣れてきたら音叉にチャレンジするといいと思います。

無料アプリのチューナー

スマートフォンのアプリには無料のチューナーアプリがあります。

iPhoneならApp Storeから、アンドロイドならGoogle Playから「チューナー」と検索してみましょう。

するといくつかチューナーアプリがでてきます。

有料のものもありますが無料のチューナーで十分です。

チューナーの精度は各アプリそれほど違いはないと思います。

ただ、使い勝手で違いはあります。

自分の使いやすいアプリを入れておくといいですね。

クリップチューナーと同じ要領で音を合わせていきましょう。

音が合わない?すぐずれる原因と対策について

ウクレレのチューニングをしたにも関わらず、音がすぐずれる。

なかなか音が合わないという場合もあります。

なぜチューニングって狂いやすいのか?

主な原因としては・・・

  • 新しい弦を張り替えた
  • 湿度が原因
  • ペグが緩んでいるため
  • ウクレレは弾けば音がずれる楽器だから

このような事が考えられます。

新しい弦を張り替えた

新しく弦を張り替えた時はチューニングはなかなか安定しません。

一度合わせても音がすぐに低くなってしまいます。

特に弦を張って2~3日ぐらいは狂いやすいものと思ってください。

すぐに安定させたいなら弦を引っ張るといいです。

弦を引っ張ると音が下がるので、再度チューニングをします。

これを何度か繰り返せば、少しはチューニングも安定してきます。

湿度が原因

ウクレレやギターなどの弦楽器は湿度によっても音がずれやすいです。

梅雨でジメジメしている季節は音が狂いやすくなると思ってください。

なのでこまめにチューニングが必要になります。

また、逆に寒くて乾燥している季節は、楽器がひび割れたリすることもあるので湿度調整が必要です。

特に高額なウクレレほど気を付けなくてはいけません。

ペグが緩んでいるため

ペグが緩んでいることが原因で音がずれることがあります。

ペグの部分を触って少しでもグラグラするなら要注意です。

ドライバーを使い、しっかりと締めようにしましょう。

ウクレレは弾けば音がずれる楽器だから

ウクレレに限らず、弦楽器は音が狂いやすいと思ってください。

練習中に音がずれる事は普通にあります。

ウクレレを弾いていてなんとなく違和感を感じる時もあるでしょう。

その場合は音が狂っている証拠です。

ですので、日頃からこまめにチューニングをすることを心がけてください。

音がずれている状態で練習をすると上達しません。

最初のうちは10分練習したら一度はチューニングすると良いと思います。

ストレートペグとギアペグでチューニングが違う?

ウクレレの弦を巻くパーツをペグと言います。

そして、ペグにはストレートペグとギアペグがあります。

この2つには、大きな違いがあります。

ストレートペグのチューニングは難しい?

ギアがないので弦を巻くスピードは速くなります。

ですが、その分、細かいチューニングをするのが難しいです。

また、チューニングが狂いやすいと言うデメリットがあります。

少しペグを動かすだけでも音が狂ってしまうので初心者には向きません。

ギアペグの方がチューニングしやすい!

ギアペグは、ギアがあるので弦を巻く回数が増えます。

ただ、メリットとしては細かいチューニング設定ができます。

特にこだわりがないならギアペグのウクレレを選ぶといいでしょう。

・・・・

このようにペグによってもチューニングが面倒だったりすともあるので覚えておきましょう。

ちなみに・・・

安価のウクレレでは、ペグが安っぽく作られている事が多いです。

なので、別のペグに取り替える人もいます。

チューニングにおいてペグは重要なパーツです。

ウクレレの音が狂いやすいならペグを取り替えるか?

あるいは、少し良いウクレレを購入するのが良いかもしれません。

中高年の方でも短期間にウクレレが上達する噂の講座

手っ取り早くウクレレをマスターしたい中高年のあなたへ!

当然、音楽教室に通えば、上達も早いです。

ですが、実際は、なかなか教室に通えないと言う方もいますよね。

今回は、そんな中高年の為の初心者ウクレレ講座をお伝えします。

短期間で上達すると噂の講座です!

もちろん、簡単で難しいことは一切ありません。

⇒コチラのぺーで詳しく解説!

 

 

ウクレレの知識
ukulele19をフォローする
ウクレレ初心者!中高年のための講座!
タイトルとURLをコピーしました